また面白い本屋が消える-北海道・くすみ書房が閉店に

LinkedIn にシェア
はてなブックマーク - また面白い本屋が消える-北海道・くすみ書房が閉店に
[`tweetmeme` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットより

また面白い本屋が消える

6月21日(日)北海道のくすみ書房大谷地店さんが閉店だそうです

面白い本屋はなぜ出来ないか?

面白い本屋には人が集まる
ビレッジバンガード(通称・ブイブイ)さんは
本と雑貨をコラボさせて売っています

ポエトリーカフェ武甲書店(秩父)さんは喫茶店と書店と詩人の集まりをおこなっています

このように、本屋は本を買いにいくだけでなく、

読者が楽しめるお店でなければ足を運んでくれません。

本を売るだけではなく、空間を売っているというイメージです

ギャラリーならば絵等を売る、本屋ならば本を売るというわけです。

 

また、情報の収集方法も変わってきています

インターネットの無い時代は紙とラジオ、
後にはTVが情報収集方法でしたが

現代では、本は情報をまとめたもの、
時間が遅れたものとしか考えられていないのでしょうか?

情報をまとめて一度に見るには紙は便利です、ポイントポイントを探すにはネットが便利です。

これからは
さらに紙と電子を使い分けできる
人間が求められているのではないでしょうか?

あえて昔にタイムスリップしましょう!
真空管半代記

注文フォーム http://form1.fc2.com/form/?id=576286

東京文献公式WEBサイト →  http://www.tokyonew.com/tbs/index.htm

 

ホワイトコピー用紙 A4 500枚x5冊/箱 高白色

 

コメントを残す