上手な買い物のコツ 1回目 定価でなく見切り品を買う-見切り品は全部悪くない


こんにちは、くまさんです

上手い買い物していますか?

買い物のコツを数回に分けて書いてみたいとおもいます

上手な買い物のコツ

1回目 定価でなく見切り品を買う-見切り品は全部悪くない

見切品(みきりひん)=悪い品って思い込んでいませんか?

ケチ、貧乏人が買うものだと思われているのですが、単にお店の棚替え品だったりします。 確かにそういう品も入っていたりしますが、殆どは賞味期限があるものです。単に、改番、廃番、売れない商品、季節品だったりします。季節感のあるもの、秋に出るそうめんや冷麦がいい例です。冬のうどんは煮込みに使うので太い麺系がでますね。細麺は夏のイメージです。なので、その日に使うものや、置いておけるものなら、見切り品でも十分OKです。さらに乾物、調味料、缶詰等の見切り品は長持ちするのでよく買いますし、野菜系も買って家計を助けています。

全く使ったことのない新しい調味料等は定価で買うより、捨ててもいいやの気持ちでチャレンジするのに定価はもったいない等でも使います。意外と美味しかったりするので困るんです。実は高いので売れなかった、しかし美味しいという場合はお試し価格という考えもできるのです。

ではまた、くまさんでした。

電子書籍・くまのレシピ自己紹介‐くまさんってどんな人TOPに戻る

 ☆

上手な買い物のコツ 目次

1回目 定価でなく見切り品を買う-見切り品は全部悪くない

2回目 当日分だけでなく数日分を-ジャンル変更できますか?

3回目 専門店で買おう-旬の判る店員さんがいい

4回目 路上もチェック!-無人販売店もチェック

5回目 お店の店員さんも実はお客さん-店員もママになる

6回目 どんどんお店に注文を!-仕入で悩む店長達

最終回 お店に声をかけてみて!-お店はあなたの声を待っていた

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

フェイスブックTwitter共々よろしくお願いします